米国では、過去10年間に受動喫煙が25〜40%減少しているが、その結果、受動喫煙に伴う心疾患の発症数および経済的負担の減少は、最大30%に及んでいることが明らかになった。これは、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のJames Lightwood氏らの解析結果で、American Journal of Preventive Medicine誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む