心臓発作など虚血性心血管疾患のリスクは、上司から大きなストレスを受ける職場環境で上昇する可能性があることがプロスペクティブなコホート研究から示された。ストックホルム大のAnna Nyberg氏らがOccupational and Environmental Medicine誌オンライン版で報告した。

ログインして全文を読む