米マウントサイナイ医大のEthan Halm氏(現テキサス大Southwestern Medical Center)らは、ニューヨーク州で実施された約1万件の頸動脈内膜剥離術(CEA)の結果を解析し、年齢(80歳以上)や非白人といった、術後の脳卒中や死亡に関連する合計11の危険因子を特定した。

ログインして全文を読む