心不全患者の90日後の予後予測能について、標準的検査であるB型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)およびN末端-proBNP(NT-proBNP)よりも、内皮細胞の機能不全のマーカーであるmid-Regional pro-Adrenomedullin(MR-proADM)の方が優れていたという研究結果がまとまった。

ログインして全文を読む