日中に眠気を感じない程度の閉塞性睡眠時無呼吸が確認された患者でも血管機能は低下しており、同時に心血管系のリスクは上昇していることが明らかとなった。

ログインして全文を読む