生後5カ月間の体重増加率は、20歳代半ばの血圧を予測するのに役立つかもしれない。出生後に最も早く体重が増加した乳児の群では、25歳ごろの収縮期血圧および拡張期血圧が、正常なペースで体重が増加した乳児の群と比べて有意に高かった(それぞれp=0.007、p=0.03)と、英ブリストル大のY. Ben-Shlomo氏らがHypertension誌に報告した。

ログインして全文を読む