米国食品医薬品局(FDA)は9月26日、独で行われていた脳梗塞を対象にしたエリスロポエチンに関する臨床試験の初期データから、90日間死亡率が同薬投与群で高いことが判明したと発表した。この薬剤(エポエチンアルファ、商品名Eprex)はまだ米国では発売されていないが、現在FDAが安全性解析を実施している薬剤クラスに入るという。

ログインして全文を読む