これまでの3回の話から、腎動脈狭窄症の問題点と疾患としての重要性をご理解いただけたと思います。では日常診療において、どのような症状から本症を疑い、どのような検査を行えばよいのでしょうか。今回は腎動脈狭窄症の「診断」について説明します。

簡便かつ有用性高い血管エコー検査の画像

ログインして全文を読む