ご無沙汰しています。この「心房細動塾」を始めた頃に比べると、心房細動に関わる情報量は増大し、それと同時にその情報が伝わるルートも格段に増加しました。これは、心房細動患者さんにとって素晴らしいことだと思います。

抗凝固療法の逃れ得ぬ「宿命」の画像

ログインして全文を読む