ダビガトランが発売され、禁忌を含む腎機能障害例での大出血が注目を浴びました。先月、福岡で開催された第76回日本循環器学会学術集会(JCS2012)LBCTセッションでは、リバーロキサバンを用いたJ-ROCKET試験の腎機能別サブグループ解析の発表がなされました。

抗凝固薬、大出血と腎機能障害の深遠なる関係の画像

ログインして全文を読む