前回、心房細動患者のリスク評価に関して、新しい指標が続々と作成されていることをお伝えしました。今後、これらの指標が日常臨床で活用されていくかどうかは、私たちの医療行為の決定にどの程度役立つかにかかっていると思います。

CHADS2スコア1点の患者の抗凝固療法をどう考えるの画像

ログインして全文を読む