抗不整脈薬の投与により洞調律が維持され、患者さんの満足度向上が得られても、薬の効果がいつまでも持続するとは限りません。心房細動は進行性の疾患であり、抗不整脈薬による洞調律化の効果は長期的にみると一時的であり、薬の種類を変えたり複数の薬を併用しても、次第に薬剤抵抗性となり心房細動の頻度が増加してしまうことが多いのです。

心房細動の治療はQOLと時間(加齢)の関係で考えるの画像

ログインして全文を読む