洞調律化を目指す治療は、心原性脳梗塞の予防にはつながらないかもしれないが、心房細動による心不全の発症や悪化は防げるはずだと考える読者もおられるのではないかと思います。確かに、心不全の合併は、心房細動患者さんの予後に最も強く影響を及ぼす因子であると以前の記事で述べました。

抗不整脈薬で洞調律化しても心不全の発症・増悪は防げないの画像

ログインして全文を読む