患者さんの脳を守る手立ては、ワルファリンによる抗凝固療法しかないと頭ではわかっていても、いざ実行となると専門医でさえも不安になります。最も心配なのが、やはり大出血のリスクです。ワルファリンの強度をどうやって判断し、どのくらいを目標にしたらよいのでしょうか。

ワルファリン投与時の至適INRは?の画像

ログインして全文を読む