発作性・慢性にかかわらず心房細動が認められ、CHADS2スコアが1点以上であれば、ワルファリンによる抗凝固療法を行うのが原則だと言いました。もちろん、ワルファリンが非常に厄介な薬剤であることは百も承知しています。出血性合併症のリスク、INR(international normalized ratio)のモニタリングと投与量の調節、他の薬剤や食品との相互作用、コンプライアンスなど注意しなければいけないことがたくさんあります。医師の心理としては、できればアスピリンで済ませたいという気持ちになるのはよくわかります。

アスピリンでは心原性脳梗塞を防げないの画像

ログインして全文を読む