AFFIRM試験をはじめとする数々の大規模臨床試験により、「洞調律を回復・維持すれば心房細動患者の生命予後は向上する」という単純な作業仮説は否定されました。すなわち心房細動の治療では、抗不整脈薬などによる洞調律回復・維持が不確実である以上、患者さんも医師も怖がっている脳梗塞の予防を何よりも優先すべきであり、その上で何をなすべきかという考え方に変わってきました。

「発作性心房細動では脳梗塞が起こりにくい」のウソの画像

ログインして全文を読む