海外の研究者との会議に出席するとき、意見交換するとき、あるいはプレゼンテーション後のディスカッションの場で、また、フォーマルなディスカッションでなくても学会のランチやディナーなどで海外の研究者とテーブルを共にするとき、はたと困ったという覚えはありませんか。研究領域に関する英語はよく分かっているが、普通の会話に入るときに何と言えばよいのか、議論中に相手の感情を損ねないように反論するにはどうすればよいのか、部分的には賛成できるがこれだけは言っておきたいという場合は何といえばいいのか。このような場合、とっさのときに使える英語表現を覚えておくとスムースな会話のために便利です。

ログインして全文を読む