過日、総合診療スキル習得のための教育講演会を行っている「21世紀適々斎塾」[1]が主催する医師国家試験活用セミナー「国家試験をぶっとばせ!」[2]を聴講する機会があった。主たる講演対象はむろん医学生と研修医だが、筆者のようなロートル内科医(参加者の皆様、失礼の段、お許しください)も多数、熱心に勉強されている姿を見かけた。

吐き気と微妙な心電図、先生の判断は?の画像

ログインして全文を読む