5月18日にランセットのオンライン版に公開されたレポートによれば、世界疾病負担研究(GBD)2015データに基づいて世界195カ国の医療へのアクセスと質を評価したところ、日本は11位と振るわなかった[1]。

医療の質で世界1位となったアンドラ公国とはの画像

ログインして全文を読む