2年前、「血圧は下げれば下げるほどいい」と受け取れる研究結果を、米国立衛生研究所(NIH)の主導するSPRINT試験[1]が明らかにし、本邦でもメディアを騒がせた(「収縮期血圧120未満で予後改善」の衝撃、日経メディカル Online、2015/12/3)。

米国内科学会、60歳以上はSBP150未満を推奨の画像

ログインして全文を読む