11月に米ダラスで開催された第86回米国心臓協会・学術集会(AHA2013)で、左室駆出率が保持された症候性心不全(HFpEF;heart failure with preserved ejection fraction)に対するスピロノラクトンの効果を評価した大規模臨床試験、「TOPCAT」の結果が発表された。

スピロノラクトンはHFpEFに対するlast hopeかの画像

ログインして全文を読む