新春の箱根駅伝では低体温と脱水症で2校が棄権したと伝えられた。幸い心肺停止例はなかったが、2月に予定されている東京マラソンでは、過去6年間で5件の心肺停止があったという[1]。健康診断を受診しておくことが予防策として推奨されている。

ログインして全文を読む