AHAのCME Courses、今回はCirculation誌10月2日号(vol.126、no.14、p.1681-8)に掲載されたMESA研究(多人種の集団ベースのコホートにおける心血管疾患[CVD]発症のリスク因子研究)のサブ解析であるMESA-RV研究を題材としていた。MESA-RV研究では、MESA研究の登録者を対象に心不全およびCVD死亡のリスクに対する右心室(RV)肥大の意義を検討している。

心不全発症における右室肥大の役割とはの画像

ログインして全文を読む