日本冠動脈外科学会の調査によれば、2011年に行われた単独冠動脈バイパス術(CABG)の死亡率が2.72%まで1ポイント以上上昇し、過去10年で最悪になったという。そこで今回はAHAのCME Coursesから、Circulation誌8月28日号(vol.126、no.9、p.1023-30)に掲載された多枝動脈グラフトバイパス術の長期成績についての論文を取り上げた。

ログインして全文を読む