怒涛のスピードで発信される世界の循環器領域の臨床試験の結果をキャッチアップするために、J Am Coll Cardiol誌のSummaries of Key Journal Articlesは、その短さとコメントが優れている。新年度となった4月を機に、これまで3回に分けて紹介してきた内容を、筆者の独断と偏見で絞り込みさせていただき、一層コンパクトにしてみた。今回は5月1日号(Vol.59, No.18, p.1575-82)に基づいた。忙しい臨床の先生方に、緻密さは欠けるが最近のトピックを短時間で振り返る「よすが」を提供できれば幸いである。

ログインして全文を読む