ノーベル賞受賞者の方々のご高説やマスコミで取り上げられる記事を載せたりと、Science誌は自分とは縁もゆかりもない雲の上の科学雑誌と思っていた。興味本位に、「新しい強心薬?かもしれない」化合物の報告を読んでいて、目を疑った[1]。20年前に書いた自分の論文(Komamura K, et al. J Clin Invest. 1992;89:1825-38.)が引用されていたのだ。

Inotropeとは呼ばないで・・・の画像

ログインして全文を読む