冠動脈疾患と血管の炎症との関連が以前から報告されていて、炎症性バイオマーカーとして血清C反応性蛋白(CRP)が注目されてきた。

ログインして全文を読む