滴状心は、肺気腫で横隔膜が下降すると心臓は垂直位となるため、胸部X線正面像では心陰影が大血管から垂れ下がってみえると説明されてきた。しかし今回、心臓が実際に小さくなっていることが報告された。

ログインして全文を読む