米・ハーバード大学Brigham and Women's HospitalのJeffrey M Rothschild氏は11月17日付のAnn Intern Med誌EDITORIAL [1]において、仏・アンジェ大学中央病院救急部のPierre-Marie Roy氏らによる、携帯情報端末(PDA)を用いた肺塞栓症・診断支援システムの報告[2]を論評した。

ログインして全文を読む