QRS幅延長の所見があるNYHA III〜IV度の心不全患者において、転帰を改善することが証明されている心臓再同期治療(CRT)の有効性を、無症候性〜軽度の症候性心不全患者において評価したREVERSE (Resynchronization reverses remodeling in systolic left ventricular dysfunction study) 試験の欧州版サブ解析の結果が、9月30日付のJ Am Coll Cardiol誌電子版に報告された。

CRTを軽症心不全にも適応拡大すべき時、それは今なのかの画像

ログインして全文を読む