Ann Intern Med誌9月1日号に、米・マサチューセッツ総合病院のDaniel E. Singer氏らによる、ワルファリンの塞栓症予防効果の純便益に関する論文[1]が掲載された。その論文について、米・テキサス大学のRobert G. Hart氏らが同誌EDITORIALに投稿した論評を考察してみよう。

心房細動に対してワルファリンは処方しすぎなのか?の画像

ログインして全文を読む