ロングフライト症候群とかエコノミー症候群として知られる旅行に関連した静脈血栓塞栓症(VTE)は、旅行とVTEが当然関係しているのだという仮定を前提にした用語だが、驚くことに従来の疫学研究の半数は、両者が無関係であるとしてきた。

旅行時間が2時間延びると静脈血栓塞栓症リスクは18%上昇の画像

ログインして全文を読む