Brigham and Women's HospitalのDeepak L. Bhatt氏は、7月15日にインターネットで公開されたN Engl J Med誌Perspectiveで、プラスグレルの臨床使用についての見通しを語っている[1]。プラスグレルは7月10日、経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた急性冠症候群(ACS)患者における血栓性心血管イベントリスク抑制の適応で、米食品医薬品局(FDA)の承認を得た。

ログインして全文を読む