うつ病が冠動脈疾患や心不全の予後を悪化させる報告はあったが、心房細動と心不全の合併症例についての報告はなかった。Circulation誌7月14日号でカナダ・モントリオール心臓協会研究センターのFrasure-Smith氏らは、心房細動と心不全を合併した患者の予後をうつ病が悪化させることを初めて報告し、同号のEditorialにおいて米コロンビア大学のWhang氏らが論評した。

AF患者のうつ病非治療と抗凝固療法非実施のリスクは同等?の画像

ログインして全文を読む