安静時の心拍数が心不全の予後規定因子であることは既に知られているが、心不全に対するβ遮断薬の予後改善作用が投与量に関連するのか、あるいは心拍数低下の程度に関連するのかについては、いまだ明らかではない。β遮断薬の用量は副作用発現と関連があり、さらに心不全の非専門施設においてはガイドライン上の目標用量まで到達できる患者は実際少ないので、この問題は臨床的に重要だ。

β遮断薬による心不全の死亡率改善効果は心拍数減少度に依存の画像

ログインして全文を読む