5月19日付けのCirculation誌Editorial[1]で著者のGordon A. Ewy氏は、同号に掲載された米国ジョージタウン大学のAlex G. Garza氏らの論文「Improved patient survival using a modified resuscitation protocol for out-of-hospital cardiac arrest.(胸骨圧迫を中断しないことを強調するプロトコールによって、病院外心停止後の生存率を改善できる)」[2]を論評している。

ログインして全文を読む