4月22日付JAMA誌Edeitorial[1]は、ICD植え込みを非専門医が行うと合併症が増えると結論した米エール大学Jeptha Curtis氏らの論文(Association of Physician Certification and Outcomes Among Patients Receiving an Implantable Cardioverter-Defibrillator[2])に関する、米ニュージャージー医科歯科大学のCoromilas氏による論評だった。

ログインして全文を読む