TNFαをはじめとして多数の炎症性・抗炎症性サイトカインが慢性心不全の病態に関与しているとされるが、相反する報告もあり、免疫系の役割はいまだ不明である。にもかかわらず多くの免疫修飾療法が試みられており、その結果も一定していない。

免疫系と慢性心不全:心不全に対する免疫修飾療法の可能性の画像

ログインして全文を読む