心房細動(AF)は、発作性、持続性に関わらず血栓塞栓症のリスク因子です。持続性AFと比較して、症状のない発作性AFの診断は容易ではありません。心原性血栓塞栓症を減らすためには、無症候性AFをいかに診断するが、重要な課題となっています。AFがどの程度持続すれば、血栓塞栓症のリスクが増すのかは、十分に分かっていません。「植え込み型デバイスによる心房細動の診断と脳卒中発生リスク」について検討した論文を紹介します。

植え込み型デバイスによる心房細動の診断と脳卒中発生リスクの画像

ログインして全文を読む