重症下肢虚血(CLI)の症例では、ほとんどの場合に膝下病変を伴います。膝下血管3枝中、2枝以上が完全閉塞またはび漫性に狭窄していることが多いといえるでしょう。膝下病変を治療する場合には、完全閉塞を治療できる技術が必要です。また、バルーンで拡張した後、膝下での留置として認可されたステントがないことも念頭に置かなくてはなりません。

解離を生じないよう、低圧で長時間拡張するの画像

ログインして全文を読む