膝関節以下の血管に関しては、急性あるいは慢性の重症下肢虚血(Critical Limb Ischemia:CLI)が治療の対象となります。CLIになって下肢切断になれば、その予後は極めて不良です。Aulivolaらは、下肢切断を施行された患者の1年および5年後の生存率は、それぞれ69.7%、34.7%と非常に低いことを報告しています。

重症下肢虚血(CLI)が血管内治療の適応にの画像

ログインして全文を読む