欧米では、慢性完全閉塞(CTO)に対する治療器具として、PioneerやOutbackといった特殊デバイスが使用できます(図1)。なかでもPioneerは血管内超音波と組み合わされており、超音波像を確認しながら、偽腔から真腔を穿刺することが可能です。腸骨動脈領域のCTOにはよく使用されています。しかし、本邦ではそれらのデバイスを使用できないので、ワイヤーでpenetrationするか、subintimal spaceでのtrackingを行うことになります。

慢性完全閉塞(CTO)にはどう対応すればよいかの画像

ログインして全文を読む