今回から、症例を示しながら治療のポイントを解説していきます。腸骨動脈領域のインターベンションを行う際には、平面ではなく3次元的なイメージを持って治療にあたる必要があります。

造影CTの画像から、病変部を立体的にイメージするの画像

ログインして全文を読む