PAD治療を行う際には、EBM(Evidenced Based Medicine)が極めて重要です。エビデンスに基づくPADの診療ガイドラインとして有名なものは、2000年に発表されたTASC2) (Trans Atlantic Inter-Society Consensus)です。2007年にTASC II3) に改定されました。

腸骨動脈領域では、積極的に血管内治療を行うの画像

ログインして全文を読む