非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の服用者では、非服用者と比べて、静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクが上昇することが、観察研究の系統的レビューとメタ解析により明らかにされた。この結果は、Rheumatology誌9月24日号オンライン版に掲載された。

NSAID服用者では静脈血栓塞栓症リスクが上昇の画像

ログインして全文を読む