英国のGP(General Practice: 一般医診療施設)が登録する診療情報データベースを利用して、抗凝固薬のリスク推定アルゴリズムを開発し、その妥当性を検討したところ、上部消化管出血と頭蓋内出血のリスク予測に有用であることが明らかになった。この結果は7月28日、BMJ誌オンライン版に掲載された。

QBleedスコアは抗凝固薬の出血リスク予測に有用の画像

ログインして全文を読む