非心臓手術の24時間前以降にβ遮断薬の投与を開始すると、術後の非致死的心筋梗塞(MI)のリスクは低下するものの、脳卒中、死亡、低血圧、徐脈のリスクが上昇することが、システマティックレビューで明らかとなった。結果は8月1日、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

24時間前以降のβ遮断薬投与開始で総死亡リスクが上昇の画像

ログインして全文を読む