機能的MRI(fMRI)を用いたDynamic Causal Modeling(DCM)解析で、緑茶抽出物を健康な人に投与すると、作業記憶処理時に脳内の頭頂皮質から前頭皮質への機能的結合が増強されることが分かった。結果は3月19日にPsychopharmacology誌オンライン版に掲載された。

緑茶抽出物による認知機能改善を示唆する新たなエビデンスの画像

ログインして全文を読む