胸痛のため救急外来(ER)を受診した患者において、高感度心筋トロポニンT(hs-cTnT)が5ng/L未満かつ心電図に虚血性変化を認めない場合、高率に心筋梗塞(MI)を否定できることが示された。スウェーデンにて行われた研究の結果が、J Am Coll Cardial誌オンライン版で3月30日に発表された。

高感度心筋トロポニンTと心電図でMIの除外診断が可能の画像

ログインして全文を読む