家庭、職場および通勤経路でテイクアウト食品に曝露されることで、テイクアウト食品摂取量、BMIおよび肥満率は増加/上昇していた。職場での曝露との関連性が最も強かったため、政府が健康的な食事を奨励する戦略は、職場周辺に重点的に取り組むと効果を発揮する可能性があることも分かった。英国ケンブリッジ大学付属MRC Epidemiology Unitによる今回の研究の結果は、BMJ誌3月13日号に掲載された。

テイクアウト食品への曝露と肥満率上昇は有意に関連の画像

ログインして全文を読む